粘液栓の形成メカニズムに好酸球の“特殊な細胞死”が関係~インフルエンザ関連鋳型気管支炎の治療?予防法の確立に期待~

国立成育医療研究センター(所在地:東京都世田谷区大蔵 理事長:五十嵐隆)感染症科の宮入烈診療部長は、集中治療科の中川聡診療部長、同研究所免疫アレルギー?感染研究部の森田英明室長、足球彩票大学院医学系研究科総合診療?検査診断学講座の植木重治准教授らとともに、インフルエンザ関連の「鋳型気管支炎」における粘液栓(粘り気が非常に強く濃い痰)の形成メカニズムを明らかにしました。?????